スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリエンテーションから帰ってきて

3日間にも及ぶ壮絶な行事でした。











まず、我が高専のオリエンテーションについて説明。

オリエンテーションとは、高専の1年生を対象にした行事であり、研修という名目で青少年という刑務・・・・・じゃなくて国営の宿に3日間寝泊まりし、その間スポーツ大会やカレー作りやらでクラスの交友も深めようという素晴らしい行事であります。

このオリエンテーションには1年生及び、先生に加え、4年生の代表が各クラスから一人づつ引率者として参加するのが決まりなので、なぜか私が参加することに・・・。

引率者の仕事としては、「1年生をタイムスケジュール通りに誘導(誰もパンフなんて見てないから)」、「スポーツ大会の主催(体動かさないと夜寝ないから)」、「夜間の見回り(体動かしても寝やがらねぇから)」、「カレー作りの指導(しないと、食べモノにならないから)」などなど、てんこもりなわけで。

高専1年生といえば、もう中学生じゃないんだから・・・・・って思うでしょ?



中学生より酷いから笑


自分も1年の時を思い出すと夜はずっとポーカーやってたし、しおりなんか欠片も見てなかったし、引率の先輩にはまともに口を聞かなかったりと、人のことは言えそうもありませんが、初めて先生と同じ目線から生徒を見ると、本当にキチガイだなって思えてきますね。

もう、常に混乱状態であり、狂っている様にしか見えません。敬語はまともにできないし、ルールは守れないし、鍵を持って消えるし、窓から飛び降りるし、時間なんて100ショップの時計以上に滅茶苦茶に狂ってます。

あぁ、本当に教師だけにはなりたくない(まぁ、なれないけど)。

とまぁ、ずーと1年生に振り回されっぱなしで、夜もまともに眠れずめっちゃ疲れました・・・。
あんな奴らをずっと相手にしていたらノイローゼになるよ本当に。

でも、最後のカレー作りでは、自分が担当した班の皆でカレーを作って食べたて、いい思い出になりました。

1年生って、自分が嫌なことは全然やらないけど、好きなことには一生懸命な感じで、確かにそれは本当にいいことかわからないけど、なんか自分が忘れてしまったものを持ってる気がしました。

1年の研修のはずが、最後は自分が研修されていることに気付いて、やっぱこんなのも悪くないかもなって思ったり。

ワンゲル部の部長になった私にある先輩は言いました。

「自分が指導してるなんて思わず、育ててもらってると思え」

人間いつまで経っても勉強なんだなって思ったり。

まぁ、こんな感じで「嵐の三日間」は過ぎていったのでした。




ちなみにこの三日間は4年生は普通に授業があったので、今からノートを誰かにうつさせてもらわんとたいへんです笑
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

花ピタゴラス

Author:花ピタゴラス
某高専のワンゲル部員・・だった。先日ついに卒業しました。現在大学生。でも高専のワンゲル部が気になってしょうがない・・。旅と登山が大好き。そしてお供は「いろはす・みかん」。

小林泰三先生を尊敬しています。

2011年も日本ハムファイターズを応援しています。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。