スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダムお台場に立つ!!



カレンダー見て、慌てて観に行ったよ。今回はリポート形式で。

観に行ったのは昨日です。今週はずっとインターンシップで品川に行ってまして、お仕事帰りの寄り道に?お台場まで行っちゃいました。確か8月31日までが展示期間だそうで、滑り込みですね。危ない、危ない。

夜7時くらいに行ったのですが、もう人でいっぱい。
なんか、リュック背負ったGパンの高専生ばっかりかと思ってたんですが、夜ってこともあって会社帰りのサラリーマンから子供づれの家族までたくさん来てました。確かにファンじゃなくとも(差別的意味じゃなくてね)一見の価値ありですからね。

でもって、「ガンダムに触ろうウォーク(名前あんま覚えてないや)」的なもんがあって、用はガンダムの股下通って、足に触ろうみたいなコーナーありまして、参加しました。柵に囲まれてるガンダムも、この時ばかりは近くで見られます。

PAP_0001_convert_20090829212423.jpg

でかいね!!うん。やっぱ1/1は凄いね。全長18mの2足型ロボットとか、実際にいたらやばいなとか思いました。

足に触ってみたんですが、情報によると強化プラスチックだそうで、確かに重い金属っぽい感じはしませんでしたが、それは脳内でガンダリウム合金だと補完しときました。これじゃ、バルカンで装甲板コナゴナになっちゃうね。

背中のディティールも流石。よくこんな細かく(この大きさだと細かくないか)作ったなぁと思います。人の大きさと比べるとやはりその大きさにびっくり。

ガンダムにも触って、一通り見て30分くらいでした、最終の8時までいたかったので、周りでやってた別の展示(ガンダムのこれまでの歴史みたいな紹介)見てたけど、あまりのこちらの過疎化ぶりがよかったです。そうだよね、ここに来た99%はガンダムって作品には別段興味ないかね。オリンピックの周知活動の中で、大きな立体象がほしかっただけで、政府としても鉄人28号だろうが、太陽の塔だろうと関係ないわけですもんね。

なんか、グッズとかも売ってたけど、こちらには手を出しませんでした。もう、プラモとか作ってる時間もないしね。

PAP_0000_convert_20090829212327.jpg


月とガンダム。なんか、辺りが暗くなってくると、やっぱり絵になりますね。ライトアップも綺麗だし。昼間に行った人は確実に損してると思うな。

いよいよ、8時になり、ライトアップ消灯。最後は煙の演出と、ガンダムの首振り(これは30分に1回やってる)。そして、ラストは上向きに。この演出では何故か周りには歓声が。でも、あれは感動できるよ、確かに。そのまま飛びそうだったもん。

と、まぁ久々の長文がガンダムレポとは。しかもこのタイミングでこんなん書いても何も需要ないのにアホだなと思いました。うん。でも久々に心が震えたしよかったかな。童心に帰るってこういうことなんかな?鉄道見て喜びまくっているおじさんの気持ちがちょっとわかりました。

まぁ、私としてオはリンピックが東京になろうとどちらでもよいですが、少なくともこの周知活動は成功だったんじゃなかろうか。今、政府で話合ってる「アニメ殿堂博物館」?だっけ??あれ見てて税金の無駄遣いとか言う方もいますが、こういうアニメの文化も少しは認めてくれていいと思うよ。だって本気でやればたくさんの人が感動できるんだもん。今回、色んな人がこれ見て感動してるのを見て、あぁ、本気だしてやったらやっぱりすごいんだなと思いました。1/1のガンダム作るとか企画段階で聞いたら馬鹿な話っぽいけどね。実際作ったらこんなに反響あるんだから。

これで、来週のインターンとMe試験も頑張れるかな?

PAP_0003.jpg
ラストの上向きガンダム。なんかちょっとGガンっぽい?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

花ピタゴラス

Author:花ピタゴラス
某高専のワンゲル部員・・だった。先日ついに卒業しました。現在大学生。でも高専のワンゲル部が気になってしょうがない・・。旅と登山が大好き。そしてお供は「いろはす・みかん」。

小林泰三先生を尊敬しています。

2011年も日本ハムファイターズを応援しています。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。