スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道旅行その3

前回から一カ月近くたって更新とか・・・。
もう誰も読んでないよね?

第二章 後編[長い船旅]
荷物の整理と、明日の小樽からの移動を確かめると、待ちに待った船内探検だ。今回、K君の猛反対を押し切って、往路に飛行機でなく船を選んだのは理由がある。そう、船旅がしたかったんだ!!甲板から見る日本海、海風。そして、その海を眺めながらの入浴。例え時間が掛っても、この優雅なひと時を体験したかったんですよ!!意気揚々と部屋を出た瞬間。
「館内放送です…現在強い風が吹いてる為、甲板へ出られません…繰り返します…」
 ハハハ、何言ってるんだい?このアナウンスは、冗談きついぜと思いながら、確かめてみると確かに強い風…。あぁ、私の優雅な船旅がぁ…。
 仕方ないので、船内の探索続行。船内にはレストラン、売店、お風呂、映画館、ゲームセンターと娯楽に溢れている。ロビーに設置されている電光掲示板には「小樽まで十七時間」と書かれ、日本海側の地図と、船の現在位置が示されていた。うーん、優雅なひと時と言ったが、ひと時どころではないな…。夕食まではK君とゲームセンターに行ったり、日本海を眺めながら本を読んだり、部屋でお昼寝したり…。ゆっくり時間が過ぎていく。楽しみにしていた入浴も済ませ、この一カ月の忙しさが夢のようでした。夕方になり、日が落ちてきたので、何処か日の入りが見れるところはないか探していると、どうやら、後ろの甲板だけは開けられてることが判明。K君と日本海に落ちる夕日。そして、反対には本州が見え、とても綺麗な情景でした。そう、こうゆうの想像してたんだよなー。夕食は船内のレストランで。普通の量食べても千円くらいしますが、海の上で贅沢は言えません。日が落ちてから、また入浴。その日は、明日の北海道到着を楽しみにし、エンジンの振動に揺れる部屋で毛布を被って寝た。

20090909060044.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

花ピタゴラス

Author:花ピタゴラス
某高専のワンゲル部員・・だった。先日ついに卒業しました。現在大学生。でも高専のワンゲル部が気になってしょうがない・・。旅と登山が大好き。そしてお供は「いろはす・みかん」。

小林泰三先生を尊敬しています。

2011年も日本ハムファイターズを応援しています。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。