スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の足元を見てみると。

あー、テスト2週間前だ。

こういう日記書いてると学生だって思い出しますね。
京都への工場見学も終了し、クラスは一気にテストモード。

高専生にとって、何のドキドキ感のない席替えも終了し(普通高校はドキドキしながらするんですかね?)、高専生は2週間後に迫ってきた中間テストにドキドキしてます。

4年生の成績と言えば、きっと就職とか進学に一番響く成績だもんね。友人が前回のテストで大分順位が落ちたみたいで「皆、本気出しすぎだよー」って言ってましたが、確かに今本気出さなくて、いつ本気だすんですかね?

進路といえば最近、夏に行った、インターンシップの結果報告会があった。
クラスの代表者が、パワーポインタで、「私はインターンシップを経験して~」みたいな話をするんですが、皆のあまりのハイレベルな報告にびっくり。

「~を作りました。~を提案しました。~を設計しました。」

どれもカッコよすぎます。私はインターンシップ先で高専生としての知識まったく使いませんでしたからね。こういうのも、インターシップ先にもよるんですが、今考えると自分ももっと貴重な体験を活かすように努力すればよかったですね。発表者が皆輝いて見えたよ。

結局、私ら高専生は今はテストがたいへんだと大騒ぎしてますが、本当に大切なのは企業入ってからのことなんで・・・・。

自分はこれまでテストは頑張ってきましたが、肝心な研究だとか実習に力入れなかったからな・・・。

今回発表会聞いて思ったのが、やっぱり同年代の、しかも同じような立場の人間の活躍する姿を見ることが、一番精神的に焦るんだということですね。

どこかの教授とか、親とか、先輩とかに進路のこと考えろって言われても、現実感がありませんが、隣の友人が実際に前に進んでいるのを見ると凄く真摯に受け止めちゃいます。

ああ、貴重な体験だった。

でも、取りあえずテスト頑張ろw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

花ピタゴラス

Author:花ピタゴラス
某高専のワンゲル部員・・だった。先日ついに卒業しました。現在大学生。でも高専のワンゲル部が気になってしょうがない・・。旅と登山が大好き。そしてお供は「いろはす・みかん」。

小林泰三先生を尊敬しています。

2011年も日本ハムファイターズを応援しています。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。