スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道旅行その4

もう冬も近づいてきたというのに・・・。
第三章 [ニセコでリゾート]
朝五時。船の振動が止まる。どうやら小樽に着いたらしい。荷物を整理して、船を出る。長かった船旅も終了だ。遂に北の大地に足を踏み入れる。北海道は小学校の時にも来たが、その時とは全然違う気持ちだ。朝方ってのもあって、風が冷たい。ウィンドブレーカーを羽織って、小樽駅に向かう。小樽駅に着いたら、必要な荷物をショルダーバックに入れ、旅行カバンはコインロッカーに入れる。ここで、この旅最初の青春18切符を使用。ニセコ行きの電車に飛びのった。電車に揺られること二時間。周りの風景は自然に溢れ、小樽とは全く違う風景だ。駅から降りると、そこにはニセコビレッジのシャトルバスが来ていた。これから向かうのはニセコのピュアビレッジというアスレチックなど、ニセコの自然を生かした施設だ。ニセコといえば冬はスキーのメッカだが、カヌーなど自然を生かした体験型の施設が多い。カヌーには非常に乗りたかったが、コストパファーマンスを考慮して断念。シャトルバスに揺られ、ほどなく目的地へ。ここで、施設のアトラクションを一日遊べるフリーパスを購入。ここの目玉は何と言っても、ツリートレッキングだ。いくつもの木の間を、橋などのアトラクションを越えて渡っていくというものだ。この他ここでは、フリスビー、パターゴルフ、サイクリングなどの広大な敷地を生かしてアトラクションがある。まずは、ほぼ初体験と呼べるゴルフをやる。朝一番だったので、ほぼ貸切状態で、さながらリゾート気分である。その後はツリートレッキング、サイクリングなどを楽しんだ。ツリートレッキングは、結構高い所を歩くので、カラビナで安全確保してても、スリルがあって楽しいです。サイクリングは羊締山をバックに気持ちよく周れました。また、サイクリング以上に楽しかったのが、ゴルフカートを使った施設散策だ。サイクリングと同じようなコースなのだが、ゴルフカートを運転して周ることができる。ゴルフカートってただのゴーカートみたいな簡単なものだと思ってましたが、バリバリ小型自動車でした。最初レンタルした時は免許確認がなかったので、何も気にしませんでしたが、次乗った時には「免許持ってますよね?」って聞かれました。「もちろん(まだ仮免だけど)」インターンシップもあって二週間ぶり運転は、気持ちよく、教習所とは違い快適に運転できました。仮免すら持ってないK君にも運転させましたが、もう少しで転倒するとこでした。ゆっくり半日遊び、時間も時間なので、札幌のホテルへ向かうことに。あと、昼食中に流れてたラジオから自分たちの乗った、あのフェリーから行方不明者が出たと流れた時は流石にびっくりしました。船の上で行方不明なんてゾッとしますね。久しぶりの運動と、リフレッシュし心。帰りのシャトルバスに乗る。今度は小樽で荷物を回収後。遂に札幌に向かう。旅は始まったばかりだ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

花ピタゴラス

Author:花ピタゴラス
某高専のワンゲル部員・・だった。先日ついに卒業しました。現在大学生。でも高専のワンゲル部が気になってしょうがない・・。旅と登山が大好き。そしてお供は「いろはす・みかん」。

小林泰三先生を尊敬しています。

2011年も日本ハムファイターズを応援しています。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。