スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「東のエデン 劇場版I The King of Eden」レビュー

先週の日曜です。毎度のことながら更新が遅い・・・。
土曜日に登山活動に精を出し。猛然とレポートをこなしたのも全てはこの日の為です。

「東のエデン」。ハチクロからノイタミナが好きになって、今回は、そのノイタミナで、キャラデザインに羽海野チカさんじゃ、見るっきゃない!!っと思って見ていましたTV版でしたが、放送時期が丁度忙しい時期と重なり、なんか中途半端に見て、最終話もPCでザーと見ただけだったので、劇場公開前に放送していた総集編を見る前は内容すっかり忘れてました。

というより、総集編見る前はあんまり映画館で見るつもりなかったんですよね・・・。友人に「マクロス」と「レイトン」も誘われてて(高専生で邦画および洋画を誘ってくれる方は私の周りにいません)・・・。

ただ、ワンゲル部を辞めた後輩が見に行きたかったらしく映画館で見ることに。あー。部活に戻ってこいよー。

日曜日の夕方までに一心不乱でレポート作業を行い、夜に池袋のテアトルに。

移動中にテアトルに電話してみると、見たかった回がもう満席といことで急きょ新宿のテアトルへ。(新宿のテアトルには嫌な思い出があるので本当は避けたかったのだが・・)

今回はスムーズに入館できました。以下感想なのでネタばれ注意です。







劇場版と銘打ち、TV版の続きと聞きましたが、主人公がTV版同様に、最初記憶がなくてっていう流れは、なんかデジャブってて、もどかしい感じでしました。

でも、TV版と違って、ヒロインにはこれまでの主人公との記憶があり、なんだか一方的に相手を知ってしまっているヒロインのもどかしさとか、それなのに結局リードするのはやっぱり主人公だったりとか、その辺の流れ見てて楽しめました。TV版と違って明らかにヒロインも主人公を意識してるし、まぁ映画版ってことである程度、恋愛要素が強まった感じです。

(というより、羽海野さんのキャラデザインであの絵だと恋愛ものとしか見えない・・・笑 )

まぁ、そういった恋愛要素も強まりつつ、新しいセレソの登場(まぁ、凄いどうでもよかったけど)や、ゲームも本格的に進行してきて、うまく第二部に運んだなぁと思います。

うーん。余計に第二部の公開が遅れたのが痛い・・・・、あー、早く見たい。

あと、劇場版で思ったのが「東のエデン」におけるヒロインは

主人公のセレソン携帯を必死に守った黒羽さんでもなく


冷静沈着で、やっぱり人見知りのみっちょんでもなく


もちろん、主人公をニューヨークまで探しに単身で来てしまう森見さんでもありません


答えはジュイスです!!

うん。満場一致だよね。TV版をしっかり見てなかったので、ジュイスが移動型サーバーとはまったく知りませんでしたが、それでも東のエデンのヒロイン、もといMVPはジュイスですね。

というより、凄いキャラが崩壊・・・してません?セレソンによって口調や、セリフ回しが違うせいもあって、なんだか声だけでも凄い深みのあるキャラになっている気がします。

んー。これは声優さんが凄いんでしょう。まさしく名演技。

ということで、来年三月に公開される第二部もジュイスさんが私たちの観客の救世主たらんことを







お土産!!

PAP_0006.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

花ピタゴラス

Author:花ピタゴラス
某高専のワンゲル部員・・だった。先日ついに卒業しました。現在大学生。でも高専のワンゲル部が気になってしょうがない・・。旅と登山が大好き。そしてお供は「いろはす・みかん」。

小林泰三先生を尊敬しています。

2011年も日本ハムファイターズを応援しています。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。