スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テストが終わって、やっほいと思って、「六厘舎」でつけ麺を食べてきた。

ずっと食べたかったのですよ。ええ!!
高専4年の最後のテストが終わった。

今回も非常に厳しく、つらいテストだったが、終わってしまえば、みな思い出となる。

ああ、なんであそこの答えaにしなかったんだよ!!っとか苦い記憶ばかり思い出されるが、そんな記憶を早く消し去るため、高専生は思い思いに自分の趣味や、楽しみに向かうのである。

そして、私と、相棒のK君が、苦い記憶を消すのに選んだ道は・・・ラーメンだ!!それも、前々から食べたかった、六厘舎のつけ麺だ。もう六厘舎のつけ麺は食べた過ぎて、セブイレブンで出てるあつもりつけ麺を二回も食べちゃったからなぁ。ああ、早く食べたい。


しかも、その六厘舎のつけ麺が、東京駅の地下のラーメンストリートで食べれるんですからね。交通費うれても1500円くらいで、苦い思い出が消えてくれれば安上がりだよね!!

午前11時半にK君と東京駅に集合。混んでるとは予想していたが、まさかここまでとは・・・。約1時間まって「味玉つけ麺」の登場です。

PAP_0001_convert_20100227233022.jpg


感想は・・・。うん、やっぱり美味しいね!!

魚介系のスープに、太麺という、まさに王道とも言うべきつけ麺の組み合わせでしたね。

ただ、スープはよくいえばシンプル。悪く言えば普通。

いや、普通に美味しいですがね。インパクトのある味ではないですね。

麺は太くて、よくスープに絡みます。

シンプルがゆえにまた食べたくなる味ですね。いやー混むわけだなぁ。

K君とつけ麺を楽しんだ後は、お約束的な秋葉に。

セピア色の凄惨 (光文社文庫)セピア色の凄惨 (光文社文庫)
(2010/02/09)
小林 泰三

商品詳細を見る


小林泰三先生の「セピア色の凄惨」を買ってしまった。あぁ。テスト期間中も読みたくてしかたなかったんだ。

TOPページで堂々と小林泰三先生を推しておきながら、ここまでまったく作品に触れなかった私。

いや、本当、先生の作品は全部読んでるんですよ!!マジで!!

読んだら、感想載せたいですね。

この日は他にも、1年くらい探してた廃版になってた雑誌をブックオフで買えたり、いい買い物ができたなー。

やっぱりテストが終わると財布がゆるくなっちゃうな全く。



充電もしたことで、財布と一緒に気持ちも引き締めて、残りの学校の課題やら、研究やらを頑張りますか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

花ピタゴラス

Author:花ピタゴラス
某高専のワンゲル部員・・だった。先日ついに卒業しました。現在大学生。でも高専のワンゲル部が気になってしょうがない・・。旅と登山が大好き。そしてお供は「いろはす・みかん」。

小林泰三先生を尊敬しています。

2011年も日本ハムファイターズを応援しています。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。