スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今さらだけどアバター観た。

DVDじゃないよ!!3Dだからね!!ちゃんと映画館で観たんだぜ!!!


今日は、5月の1日。月の初めは「映画の日」ってことで、入場料が1000円です。

つーことで、GWは映画を観に行くことに。しかもアバター。今さら感に加え、レンタルで出回ってる中で若干むなしさすらあるが、「3Dってどんなんなのかな~」ってことで、GW初日から弟と観に行くことに。

日銀のシネマで上映しているのが、上映20分前に着いたら、長蛇の列。案の定、前から2列目中央という、首が曲がりきった場所に。アバターって3時間もあるんだよ。首が疲労骨折するんじゃね?

わかってわいたが、3D眼鏡ってのを入場時に渡された。確かに、赤と青の2色眼鏡ではないんだろうが、この「おもちゃ感」は否めないよな。というかCM中に「精密機械」って説明があったけど、これって、感度調整とか、何かされているんか?座る席によって調整されているのかと思ったんだけど、入場時に適当に配ってたしなぁ。

では、以下は、アバター本遍の感想。(ネタばれあり)















うん!やっぱ凄いね!!期待通りの映像、そして、ストーリーでした。

ストーリーは、人間がパンドラって惑星に資源採掘の目的で来てて、現地の先住民(あの青い奴)がそれを受け入れずいる状況に、主人公がスパイとして先住民に送り込まれる(主人公も青い奴になるんだけど、それがアバターって呼んでる)。んでもって、主人公の情報とかから、採掘は問答無用で始まるんだけど、先住民の女の子と恋に落ちちゃった主人公は人類側を裏切って、先住民の大切な自然を先住民と一緒に守るというもの。

よくあるスパイが恋に落ちて裏切っちゃう映画だよね。ストーリーはだから単純明快。この映画の見どころは3Dもそうだけど映像美ですね。実写とCGをうまく組み合わせ、ディズニーのピクサーとはまた違うCGの映像美みたいなのがあって、これは映画館で観てよかったなぁって気にさせてくれる。期待の3Dは、映像は飛び出してくるって過度な期待は危険。あくまで、映像に立体感、遠近感が出るってくらいって解釈で。ただ、ディズニーランドのようなエンターテイメントを求めてるわけじゃないから、映画としてはこの位が丁度良い迫力だと思います。後輩の話の通り、字幕が一番浮き出たってのは本当でした。

逆にストーリーは、単純だけど、賛否両論な気もする。
この映画はいわゆる、自然破壊する人類の醜さってのが全面におしだされ、結局主人公は先住民側について、最後は人類を星から追い出す形で終わる。ようは現在の地球の採掘資源をむさぼりまくり、環境を壊しまくってる人類へ警告をあたえるような内容。
そこまでは、いいんだけど、最後は先住民と人類はわかり合うのではなくて(わかり合うの主人公側の数名)、人類は戦争で負けて星から追い出されちゃうってことで、完全に人類の敗北で終わってるんだよなぁ。

人類を故意に悪役にしてる感もあるし、最後までわかり合えないってラストも希望がなくなっちゃう感じ。

せっかく中立的立場の主人公がむしろ先住民側を鼓舞して戦争しちゃってるしかなぁ。

自然は守りたいけど、戦争で仲間が死んでも自然が傷ついてもOKっていう先住民側の考えも感情移入できんかったからなぁ。

監督は現在の人間の地球での活動を痛烈に批判しているようにも見えました。まぁ、映画ってもともとそういう社会風刺的なものがあるものだし、そういうテーマだからこそ、これだけ皆に観られているわけだけど。

だけれど、映像はやっぱり凄いものでした。なんだろう、初めてマトリックスを観た時の映像革新に近い感じがしましたね。マトリックスの映像表現もその後、色んなメディアで使われまくったけど、今後このような、CG手法の映画が沢山でるんじゃないかしら。そういう期待が持てる革新的な映画だったと思います。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

花ピタゴラス

Author:花ピタゴラス
某高専のワンゲル部員・・だった。先日ついに卒業しました。現在大学生。でも高専のワンゲル部が気になってしょうがない・・。旅と登山が大好き。そしてお供は「いろはす・みかん」。

小林泰三先生を尊敬しています。

2011年も日本ハムファイターズを応援しています。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。