スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラスメイト。

素晴らしい人間は、意外と身近にいるもんですね。

今日、中学も一緒だったまじめな友人が、一時間目が始まっても来なかった。

どうしたんだろ。そういえば、私の左前の席の友人もいない。

そこに、遅れてきた友人が教室に入ってきて言った。

「うちのクラスの○○が他高校の奴にからまれていた」

その友人は、どうやら私の中学のころの同級生である友人が、自転車自で他高校の人と、接触事故を起こし、絡まれているのを見たという。

どうして、それがわかってて助けにはいらなかかったのか。私は少しその友人を見返したが、自分ももし突然同じ状況になっても助けに入れるかはわからない。

周りの友人も特に心配する様子もなかった。でもその友人の証言はまだ終わらなかった。

「俺が見たときには、もう××が仲裁に入ってたよ」



一時間目の終わりに、その友人二人は教室にやって来た。相手がちょっと荒れた高校の人間という話だったので、怪我でもしてるんではと心配したが、二人は以外と平静であった。

話によると、警察が仲介してくれたようだった。しかし××が現場をたまたま通りがかった時、他高校の人は、○○にしつこく因縁をつけてたようだ。そこを、××がなんとか仲裁し、警察を呼んだらしい。



私の個人的な印象であるが、○○と××は決して普段から仲が良いという感じではなかった。

私は同じ場面に出くわしたとき、中学からの付き合いの友人を助けることが出来ただろうか?


いや、出来るような人間になりたい。そして、同様に助けられるようなクラスメイトになりたい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

花ピタゴラス

Author:花ピタゴラス
某高専のワンゲル部員・・だった。先日ついに卒業しました。現在大学生。でも高専のワンゲル部が気になってしょうがない・・。旅と登山が大好き。そしてお供は「いろはす・みかん」。

小林泰三先生を尊敬しています。

2011年も日本ハムファイターズを応援しています。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。