スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイトについて。

相変わらず文化祭の準備で忙しいです。今日も休日なのに、後輩の書類と進行チェックに学校行きました。

私は昨年も文化祭実行委員だったんですが、我が高専の伝統で、五年生はあまり表立って活動せず、後輩のサポートに回っています。

しかし、五年生が進路や卒研などで忙しく、あまりにも裏方に、というか後輩をまったくの放置にすると大変なことになります。というかなりました。

なので、今更ながら五年生も集合して会議をやるはめに。放置していた我々先輩も、仕事を進めておかなかった後輩たちも、お互い様って感じです。


最近、文化祭のネタばかりので少々バイトの話しでも。

先々月から始めたバイトもやっと慣れてきたという感じです。

今、某個別指導塾で働いているんですが、やはり勉強教えるってのは中々大変です。

すぐに理解してくれる子と、してくれない子がいる。教え方を人それぞれ変えていかないとなかなかうまくいきません。

特に、悩ましかったのが、高校生の範囲。私は主に数学を教えているんですが、数Aという高1の範囲で、高専ではほとんど教わっていない範囲がありまして…。


元はと言えば、バイトの面接時に、よく知りもしない高校生の範囲を「教えられる」と言ってしまったのが問題なんですが…。

ただ、流石に小・中の数学だけじゃ雇ってくれないと思ったしさ…。許してください。


そんなこともあって、いきなり高校生を担当になった日には、教えるどころかどんな単元なのかもわからない始末。

生徒と90分間「難しいねこの問題…」と一緒に考えるような授業をしちゃったりと散々な日も。

それで、流石にいかんと思い、恥を承知で弟に高校の範囲を教わることに。特に、生徒も悲鳴を上げている確立の範囲を徹底的にやりました。

丸一日勉強して、なんとか問題は解けるくらいのレベルに。よし、いつでも来い。これで絶対教えちゃるぜ!


「…先生。そこの範囲はこの前のテストで終わったよ。」


「え・・・・・・」


まぁ、こんなものですよ。また、勉強しなおし。それだけのこと…。


一ヶ月で、生徒にもチラチラ名前やら顔を覚えられました。授業後の雑談も楽しいし、やっぱり「先生」って呼ばれるのはうれしいものです。

高専ってことで、現在、センター試験の仕組みやら、各教科のおおまかな流れなんかも把握していかないとと思ってます。

これからも、がんばりましょう!!ってことで今回はこの辺で。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

僕も先生って呼んでいいですか?
プロフィール

花ピタゴラス

Author:花ピタゴラス
某高専のワンゲル部員・・だった。先日ついに卒業しました。現在大学生。でも高専のワンゲル部が気になってしょうがない・・。旅と登山が大好き。そしてお供は「いろはす・みかん」。

小林泰三先生を尊敬しています。

2011年も日本ハムファイターズを応援しています。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。