スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「春の鳥取一人旅」その3完全版。

再うpです。
誰も待ってないと思いますがお待たせしました。
3日目 (3/30(水))
ホテル6:10…[10]…6:20神戸駅(朝食、昼食弁当購入)6:31⇒[東海道山陽本線 ]⇒7:30姫路駅7:32⇒[東海道山陽本線]⇒8:04上郡駅8:40⇒[智頭線]⇒10:07智頭駅10:09⇒[因美線※]⇒10:55鳥取駅14:10⇒[日の丸バス22]⇒14:32鳥取砂丘18:30⇒18:52鳥取駅19:00…[10]…19:10ホテル

早朝から、神戸駅へ向かい、ゆっくり鈍行で鳥取を目指す。途中因美線に乗り換えますが、これは第三セクター線といって、JRの時刻表には載ってますが、18切符が使えません(後からわかったことだが)。しぶしぶ1000円で一日乗り放題券を購入。でも、こういうトラブルが旅を楽しませるエッセンスであることも事実です。

DSCN0301.jpg
早朝の神戸駅前。


DSCN0303.jpg
因美線乗り換え口。わざわざ、注意書きで「青春18切符は使えません」と書いてありました。

DSCN0312.jpg
本日1本目の「いろはすみかん」

DSCN0305.jpg
のどかな風景が続く因美線。電車の旅の醍醐味です。




そして鳥取駅到着。
DSCN0317.jpg


DSCN0319.jpg
ホテルで、神戸の駅弁を食べて、バスで鳥取砂丘に向かいます。バスは鳥取駅から出ていてアクセスは非常によいです。



DSCN0336.jpg
DSCN0327.jpg
鳥取砂丘到着。お土産屋や、資料館などがあります。ここから砂丘までは歩いてすぐです。



DSCN0350.jpg
やってきました鳥取砂丘。遂に、砂丘に足を踏み入れます。


正面に見えるのが有名な馬の背。日本海が一望できます。馬の背の上まではバス停から15分とうところでしょうか。馬の背の手前にはオアシス・・ではなく池(雨水とかが溜まってるらしい)が見えます。

DSCN0340.jpg


今回の旅のもうひとつお伴(旅行中3本消費)のいろはす(みかん)と池。
DSCN0388.jpg

馬の背は結構人が駆け下りるので、表面はぼこぼこしています。
DSCN0366.jpg

人があんまり歩かないところはこの様に綺麗。
DSCN0432.jpg



DSCN0392.jpg


馬の背から離れ歩きまわることに。鳥取砂丘は南北に2km。東西に16kmあるそうですが、馬の背周辺以外は全然人がいません。まさに砂漠を探検気分。
DSCN0480.jpg

DSCN0437.jpg

DSCN0441.jpg

DSCN0477.jpg

DSCN0487.jpg


たっぷり2時間以上歩きまわり、今日1日を砂丘で過ごす覚悟を決める。お土産所で休憩し、向かうは夕焼けの鳥取砂丘と日本海。

DSCN0529.jpg

DSCN0534.jpg


まさに絶景の一言。ここに一日いてよかったって思う。

DSCN0543.jpg

DSCN0562.jpg

DSCN0569.jpg

DSCN0564.jpg

DSCN0572.jpg


次の日は、遂に旅行最終日。大阪と京都で迷いましたが京都に行くことに。それでは「その4」に続きます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

有難うございます。 

砂丘は一日中歩き回ったんですが、綺麗な砂丘の景色は飽きませんでしたね。
ラクダはいましたが15分のコースで1800円?くらいの料金だったのでやめました(笑)。

普段は、アホな記事ばかりですがおつきあい下されば嬉しいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

花ピタゴラス

Author:花ピタゴラス
某高専のワンゲル部員・・だった。先日ついに卒業しました。現在大学生。でも高専のワンゲル部が気になってしょうがない・・。旅と登山が大好き。そしてお供は「いろはす・みかん」。

小林泰三先生を尊敬しています。

2011年も日本ハムファイターズを応援しています。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。