スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍋割山登山記その2

その2です。その1から見ましょう!
前回までのあらすじ~
お腹がタプンタプンになったワンゲル部OB2名は、鍋割山の登頂を決断する。雲行きの怪しくなる空を見つめ、一行は遂に、バス停より歩き始めるのであった。

ということで、バス停近くの標識にしたがいまず車道を歩きます。車道だからといって油断してはいけません。以前ワンゲル部で実際にあったのですが、車道中にあった標識を見落として登山ルートを間違えるということがありました。車道は登山道と異なり標識もたくさんありますし、なんとなくこっちだろうと思って進むと登山道に入ることもできずに、登山終了ということもないわけではありません。大概はバス停近くに道標がありますが、登山の入り口についてしっかり事前に調べておく必要があるでしょう。

DSCN1012.jpg

車道を進むと、凄い小さい登山口の標識を発見!電柱の横を進むのがルートなのですが、草で隠れていたこともあって、さっそく見過ごしそうになりました。今回行くルートは西山林道という車も通れるルートなので、歩くルートとしてはあまり人気がないのかな?ということでこんなわかりにくい標識もあるのでみなさん注意しましょう。この標識の道を20分ほど歩くと、西山林道に合流します。

西山林道は、車道と聞いていたので、てっきりコンクリートの道を1時間歩くと思っていたのですが、歩きやすいじゃり道といった感じでした。
DSCN1024.jpg

丹沢の沢は文字通り、山から流れてくる沢を意味します。普段登っている大倉尾根のコースでは見られませんが、この林道では道の途中でさまざまな沢、そしてちょっと歩けば滝も見ることができます。

DSCN1026.jpg

DSCN1030.jpg

標高は稼げませんが、沢の音に耳を澄ませながら、涼しげな林の中を歩ける、なかなか良いコースだと思います。

DSCN1031.jpg

DSCN1041.jpg

そして、林道を歩くこと1時間ほどで最初の休憩地点である二俣に到着。ここは、勘七ノ沢という沢との合流地点で、沢の水がとても綺麗でのどかな場所です。

DSCN1058.jpg

天候は少しずつ回復し、青空も見えてきました。すこしずつ暑さを感じながら、いよいよ本格的な登りの始まりです。

二俣からすぐの滝。ちょっと大きさがわかりづらいですが、10mくらいはあるでしょうか?
DSCN1061.jpg

本当に天気が回復してきました。こうなると、もう山頂からの景色が楽しみでしょうがなくなります。

DSCN1068.jpg

途中に「丹沢緑の回廊」と呼ばれる保護林地帯に到着。ここでは、多様な植物、動物の保護を目的とした森林地帯ということ。また、ここには山頂へ運ぶための水の入ったペットボトルがたくさん置かれていました。これは山頂の小屋へここから水を持っていき、それを小屋の主人にあげるためのものです。常に「そこにあるだけ」で登山者は小屋や小屋の主人に感謝すべきですからね。ただ、ザックの都合(と体力の都合)から今回は断念・・・・。すみません。
ちなみに画像の人物は友人のH君です。うん。こんなナップザックじゃペットボトル入らないですね・・・。
DSCN1079.jpg

ちょっと道が険しくなり、歩きづらいじゃり道も出てきました。
DSCN1082.jpg

しかし、しばらく歩くとまた、林道に。杉でしょうか?
DSCN1083.jpg

天気も完全に回復し、見上げると、青空と木々のコントラストが素晴らしい。
DSCN1084.jpg

休憩地点の後沢乗越まではあともう少し。踏ん張りどころです。
DSCN1092.jpg

後沢乗越到着。ここは栗ノ木洞方面との分岐地点なのでそんな広くないので、休憩するならあまり邪魔にならないようにした方がいいです。ちょっと先にも休めそうな場所はありました。この時間になるとチラホラ鍋割山に向かう登山者が見られます。
DSCN1094.jpg

今回はここまで!次回はいよいよ山頂に到着予定。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

花ピタゴラス

Author:花ピタゴラス
某高専のワンゲル部員・・だった。先日ついに卒業しました。現在大学生。でも高専のワンゲル部が気になってしょうがない・・。旅と登山が大好き。そしてお供は「いろはす・みかん」。

小林泰三先生を尊敬しています。

2011年も日本ハムファイターズを応援しています。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。