スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍋割山登山記その4

その4です。


前回までのあらすじ
ついに山頂に着いた、ワンゲル部OB一行。すでに虫の息だった友人も、鍋焼きうどんにかき氷と社会人として金に糸目をつけず体力回復に努める。2人は無事下山することが出来るのか?


さぁ、山頂でゆっくり1時間休憩して、いよいよ下山出発。今回の下山コースはワンゲル部でもおなじみの大倉尾根、通常馬鹿尾根を下ります。これは、階段が永遠と続くような長い登りに対する登山者の怒りを表わしているのは言うまでもありません。ワンゲル部でも、先輩に天国まで続く階段だと脅された記憶があります。

しかし、その大倉尾根に出るまでは今回最も楽しみにしていた鍋割山稜があります。これは、鍋割山と小丸尾根との間の稜線です。
ただ稜線ではありますが、ちょっと木々に遮られて、なかなか景色は見えません。でもたまに見える木々の間からの景色はすばらしい。

DSCN1159.jpg


DSCN1162.jpg


DSCN1176.jpg


稜線を抜け、大倉尾根に合流。しかしここで問題発生!!なんと私の相棒であるcoolpix L120(デジカメ)ちゃんが機能停止・・・もとい電池切れに。確かに、今思えば前回の高尾山から電池充電してなかったからなぁ・・・。
大倉尾根は、花立山荘の先にかけて秦野の市街地、そして太平洋が望める素晴らしい尾根(登りはその景色を背に登るので、なかなか気付かないが)なので、これはショック。なので、ここからは無駄なシャッターはきれません。

DSCN1178.jpg


DSCN1179.jpg

花立山荘。ここはワンゲル部恒例のかき氷を食べる休憩所です。ワンゲル部では、あまり山荘のものを購入することは少ないのですが、これは夏場の馬鹿尾根を登る疲れをとる特別大サービスなのです。今回は下りですが、せっかくなのでかき氷を食べました。

DSCN1180.jpg


DSCN1181.jpg

かき氷をしっかり写真にとるつもりが、全部食べてしまいました・・・。真夏の暑さには最高です。是非みなさん自分の目で確認しましょう!



花立山荘から、秦野市方向の展望。ちょっと曇ってきたので、わかりにくいですが。やっぱりいい景色。
DSCN1183.jpg

PH_16.jpg


ここからは大倉尾根をビュンビュン下っていきます。そして、掘り山の家到着。本当は休憩する予定ではなかったのですがH君完全にバテてしまい休憩することに。下りは油断は禁物です。無理は控えるべきです。
DSCN1185.jpg

大倉高原山の家。ここは、丹沢の山中ではあまり見られないテント場があります(非公式?)。ちょうど、どこかのワンゲル部と思われる団体がテントはってました。
DSCN1186.jpg

水場。夏でもしっかり出てます。
DSCN1187.jpg


このテーブルからの市内の見晴らしは、なかなかの絶景スポット。このテント場はワンゲル部では毎年利用しているんですが、ここからの夜景は本当綺麗なんです。
DSCN1188.jpg

ここからは一気に大倉バス停まで下りて行きます。

PH_18.jpg

PH_20.jpg

大倉バス停まではもう少し・・・・。流石に下りは足のうらにジンジンきます。
PH_21.jpg


PH_22.jpg

車道に出ました。もう少し!!
PH_23.jpg

バス停到着~~!!いや・・・流石に6時間以上の行程は疲れましたね。でも、ちょっぴり自分の体力に自信がもてました。
PH_25.jpg

このままバスに揺られて、渋沢駅に戻り、フリー切符もあったので鶴巻温泉で下車して温泉に入りました。やっぱり山の後の温泉は最高ですね!!
・・・・と、そこでびっくりすることがあったのですが、なんと足に一か所ヒルに食われた痕がありました・・。いや、丹沢って本当にヒルが多いんですね。ワンゲル部に在籍してましたが、何気にヒルに噛まれたのは初めてでした。いや、本当血が止まりにくくて敵いませんね・・・・。

ということで長かった、鍋割山登山も終了。なまった身体に鞭をうち、ちょっぴり体力の自信もつきました。次回は泊まりで、もうちょっと荷物も重めの登山にしたいですね。・・・・・・と思ったんですが、同行したH君はかなりのバテぎみ・・・。流石にこれ以上キツイ山行は無理かな?んー、どうしましょうかね・・・。

行程:実測タイム
新宿06:18⇒[小田急線 快速] ⇒7:31渋沢駅7:36→[神奈川中央バス15]→7:51大倉8:00…[20]…8:20西山林道8:20…[60]…9:20二俣9:36…[60]…10:20後沢乗10:30…[53]…11:23休めそうな場所(1190m)11:30…[10]…11:40鍋割山(昼食)12:40…[27]…13:07小丸13:07…[48]…13:55花立山荘14:15…[30]…14:45堀山の家14:55…[47]…15:42大倉高原山の家16:00…[41]…16:41大倉16:55→[神奈川中央バス15]→17:10渋沢駅
                                                             歩行時間 6時間36分

それでは、今回はこの辺で!!時間があったらまた完全版うpしますー。

DSCN1125.jpg
今回も「いろはすみかん」はしっかり同行しました(笑)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

花ピタゴラス

Author:花ピタゴラス
某高専のワンゲル部員・・だった。先日ついに卒業しました。現在大学生。でも高専のワンゲル部が気になってしょうがない・・。旅と登山が大好き。そしてお供は「いろはす・みかん」。

小林泰三先生を尊敬しています。

2011年も日本ハムファイターズを応援しています。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。