スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここ一カ月のこととか<料理編その2>

前回のアボカドのリベンジに燃える花ピタだったのです。
前回アボカドスパゲティで大敗を帰した私は、とりあえず家族用ではなく自分1人分の料理をつくつことにしました(はじめからそうしろ)。そこで、前回のリベンジも兼ねて、またスパゲティをつくることに。

さらに前回の反省を活かして、自分が食べたことがあり、且つ簡単につくれるスパゲティを考えたところある結論に至ったのであった。


・・・・・・そうだペペロンチーノをつくろう(どーん)


ペペロンチーノといえば、高専生時代によく通っていたサイゼリアで毎回と言っていいほど頼んでいた料理である。

あと、具を思い出してみても鷹の爪とニンニクくらいしか思いつかない非常に簡素な料理である。

これで失敗することなどありえない。練習として、そしてリベンジとしてこれほど適当な料理はないではないだろうか。

ということで、さっそく鷹の爪とニンニク、それとオリーブオイルを購入。

例の如く、ネットでレシピをみてみると、ペペロンチーノの味のベースはオリーブオイルと、それと混ぜる塩入りに茹で汁だそうだ。

まさか、オリーブオイルだけが味付けじゃないだろうと思っていたが、そうかゆで汁使うのかと少し関心。

ちなみにこのサイトを参考にしました。

ということで、茹で汁に塩をいれ、ニンニクを熱したオリーブオイルとパスタとあえて出来上がり。

IMG_0149.jpg



前回が嘘のように簡単な料理である。そして、いざ口に運んでみる・・・・・・・・・・


おいし・・・・・・・くない!! しょっぱい!!

塩のだし汁がベースというか正に塩味である。鷹の爪の辛さとコショウの相乗効果により、口のなかは大火事である。

そう・・・あろうことか、わたしは味見をしていなかったのだ。適当に塩をぶっこんでいたのである。

あまりに軽率である。仕方がないので、水洗いして食べた。それにしても、まだしょっぱい。

簡単な料理と油断して、味見という基本中の基本を怠った罰が下ったのである。

もちろん、このあともペペロンチーノは何度か挑戦し、それなりに美味しいペペロンチーノがつくれるようになった。

しかし、未だに難しいのがサイゼリヤのような、ほどよい火加減のニンニクが出来ない。

いつも焦げてしまうのである。どうやったらあの味になるんだろうか(単なる火加減の問題)。

思考のペペロンチーノを求めてあくなき探求は続く・・・かもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

花ピタゴラス

Author:花ピタゴラス
某高専のワンゲル部員・・だった。先日ついに卒業しました。現在大学生。でも高専のワンゲル部が気になってしょうがない・・。旅と登山が大好き。そしてお供は「いろはす・みかん」。

小林泰三先生を尊敬しています。

2011年も日本ハムファイターズを応援しています。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。