スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ旅行に行ってました[その2]

タイ旅行2日目。さぁ、いよいよ世界遺産のアユタヤです。

このアユタヤですが、出発前の予定では電車で向かって、現地を自転車をレンタルして自由気ままに回ろうと考えていました。
 
 しかし、一日目の空港からホテルまで送迎バス中に現地ガイドのおばさんから現地ツアーを申し込んで回ることを強く押されたので(お金もそれほどかからないし、体力的にも楽だから)、2000バーツ(約5200円)を支払って現地の観光ツアーを申し込みました。

現地ツアーは、往路はバンコク市内のホテルを朝7時にバスで出発。ホテルまではタクシーを使ったんですが、昨日の到着地を騙されたことや、大幅に時間がかかったことで少し不安になりましたが、ツアーをすすめたおばさんが、タイ語で書かれた集合場所のメモを用意してくれたおかげも有り無事到着しました。

朝食は、ホテルのサンドイッチがあったのですが、まだ小腹が減ってたので、出店でとりのからあげ?みたいなのとコーヒーを購入。サイアムエリアは、百貨店が立ち並び、電車が通るすごい都会って感じですが、こういう出店があるのはなんだかいいですね。通勤途中っぽいOLさんとかも買ってました。

DSCN4213.jpg

DSCN4215.jpg


ここからバスに乗り、アユタヤへ。大型バス内は日本人ばっかり。ガイドさんも日本語喋れて、完全に日本人向けのツアーっぽい。

アユタヤはバンコク市内から80kmほど離れてるそうです。少し走るとすぐに田舎風景が。

DSCN4227.jpg

バスで一時間半ほどかかって到着。まず到着したのが、ワットマハタート。天気はあいにくの曇。

DSCN4235.jpg

ワットマハタートと言えば、これです。木の根に埋まったお釈迦様の頭。ガイドさん曰く、泥棒が頭を奪ったものの諦めて置いていってしまった?らしい。タイの歴史はわからんが、これだけでも歴史を感じる。

DSCN4253.jpg

DSCN4237.jpg


レンガづくり?の建物も迫力有り。
DSCN4243.jpg

中にもお釈迦様がたくさんありますが、ほとんど首が獲られている。なんか、この辺は日本の首切り地蔵っぽくて面白い。これは、なんか国内の王様が跡目争いの際に、他の有力者たちを威圧するためにやったとかどうとかガイドさんが言ってた気がします。写真パシャパシャとってたので、あんま話を聞いてなかった(笑)

DSCN4269.jpg

ただ、歴史を感じるとは言ったものの、事前にタイの歴史についてまったく下調べをせず、ガイドさんの話もろくに聞いてなかったので(どっちも私が悪い)、歴史の背景が分からない。

なので、日光東照宮だとか、京都の町並みだとかの歴史物を見るのと比べるとちょっと感動が弱い感じです。
いや、完全に自分が悪いんだが。


ここで、ワットマハタートを後にして、次に向かうは本日のメインイベント?象乗り体験。


まだ記憶も新しい、タイでの洪水の影響で相当な数の象が亡くなったそうで、象の数が激減したそうです。
そりゃ、このサイズの生き物を運ぶのは大変だよね。アユタヤは川で囲まれてることもあって洪水の浸水がなかなかひかなかったそうな。でも、このサイズの象が亡くなるんだから相当凄い洪水だったんやろな。。。

近くから見ると迫力満点。ドキドキ。
DSCN4304.jpg

象乗車。普通に、車道の脇の歩道を歩いている(笑)。隣で走る車より高いし、思ったより揺れる象の背中。
DSCN4313.jpg


浅い水辺もなんのその。すごい・・・・!!
DSCN4330.jpg

途中で象がお食事。激減したとは言っても、5,6頭で同じコースを回りました。確か時間にして15分くらいかな?
DSCN4323.jpg

自分たちの乗ってる象の象使いさんが、日本語で「象さんの歌」を歌ったり、小島よしおのネタ言ってりとなかなか面白い象使いであった。

象体験も終わり、次に向かうのはワット・プラシーサンペット。

象乗り体験と、アユタヤの歴史を満喫して、いよいよ海外旅行らしくなってきたと思った矢先にあんなことが起きるとは・・・。それではその3に続きます。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

花ピタゴラス

Author:花ピタゴラス
某高専のワンゲル部員・・だった。先日ついに卒業しました。現在大学生。でも高専のワンゲル部が気になってしょうがない・・。旅と登山が大好き。そしてお供は「いろはす・みかん」。

小林泰三先生を尊敬しています。

2011年も日本ハムファイターズを応援しています。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。