スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ西海岸大学卒業旅行その4「世界の車窓からシリコンバレー(2日目)」

今日は,アメリカ,いや世界のハイテク産業の中心地であるシリコンバレーに向かいます.
昨日衝撃とともに訪れたダブルベットショックでしたが,特になんなの問題もなく快眠できました(そりゃそうか)


今日は,友人たっての希望でハイテク産業の集まるシリコンバレーへ.

友人も私も工学部ってことで,AdobeやHPやらintelやらを見ると「おぉ・・・!」って感じで少し興奮を覚える人種である(工学部みんながそうではない).

この,シリコンバレー,サンフランシスコからカルトレインという通勤電車で1時間ほどで着く.ちょっとした電車旅行である.

ホテルを出て,パウエル駅に向かう.

DSCN5651.jpg

とりあえずパウエル駅近くのバーガーキングで朝食.アメリカってマックばっかりあると思ったけど,サンフランシスコに限ればマックよりバーガーキングの方が多い気がする.

朝から,揚げポテトが重かったです・・・.なんか油が違うせいか胃にずっしりきます.

DSCN5653.jpg

パウエル駅からカルトレイン駅まで歩いて20分とちょっと距離があるのでバスを利用.

でも,バスの路線がたくさんあって停留所探すの大変だった・・・.

まぁ,そんなこともありましたが,無事カルトレイン駅に到着.

1日乗車券を購入して,いざ乗車.ホームに向かうと電車が見えてくる.で・・・でかい!
新幹線もびっくりの2階建てです.本当アメリカって感じ.ポテトの量も電車も兎に角大きい.
DSCN5660.jpg

駅を出るとアメリカの住宅街が車窓を流れていく.まさに脳内で「世界の車窓から」のOPが流れる瞬間である.鳥取の一人旅でも思いましたがこういう電車の旅行が好きみたいです私.
DSCN5663p.jpg

カルトレインに揺られること1時間・目的地であるサンノゼ駅に到着.ここからライトレールと呼ばれる電車に乗って市内へ.こちらは路面電車のような小さい電車です.
DSCN5682.jpg

市の中心部コンべションセンターへ到着.目的地である博物館はここから眼の前.近くにAdobeの会社も見えました.
DSCN5687.jpg

こちらが,テック博物館.体験型のアトラクションがたくさんある科学博物館です.学生証を提示すると割引をしてもらえるんですが,国際学生証じゃないし無理かな?と思ったんですがいちお「学生か?」と聞かれたので普通の日本の大学の学生証見せたら割引してもらえました.「学生ならどこの国でも関係ない」とのこと.こういうの地味に嬉しい.
DSCN5691.jpg

DSCN5705.jpg

なんか日本のデザイナがつくった?津波の際に避難する脱出ポットがありました.
DSCN5701.jpg

DSCN5692.jpg

CGアニメーションがどんな感じでできているか体験できるコーナー.CGアニメはアメリカ先進国ですからねぇ.
DSCN5716.jpg

カメラの前に立つと,顔を4分割くらいにして読み込み,他の人の顔とくっつけて表示されるコーナー.しばらく自分の顔の一部がでかでかと表示されてたので妙に恥ずかしかった・・・(笑)
DSCN5721.jpg

他にも,流体などの物理を学べるコーナーや,AR技術などの最新科学技術やら,海底探査ロボ,火星探査ロボなどを紹介しているコーナーなど大人も楽しめる博物館でした!

博物館を後にして,その辺をぶらぶら・
DSCN5741.jpg

HPの会社がありました.外から眺めるだけ.
DSCN5742.jpg

ここから,カルトレインとバスを乗り継いで,intel博物館へ.あんまり観光客が行く場所ではないので(相当通な人しかいかないと思われる),どのバスに乗っていいかもわからず困っていたんですが,現地の人に乗るバスを教えてもらったり,乗ってからは降りる場所を教えてもらって,バスの運転手にわざわざ自分たちが降りるバス停について話してくれたりと現地の人にすごい親切にしてもらいました.いやぁ,もっと事前に調べていけって感じでしたがね(笑).異国の地で人の暖かさにふれてちょっとほっこりしました.

ということでintel博物館到着.
DSCN5753.jpg

当たり前ですが中の展示物の紹介は全部英語.さっきの博物館と違って,体験型というよりはintelのCPUの歴史などを紹介した博物館なので,ちょっと英語にもCPUにも疎い自分には退屈だった(笑)
CPU大好きで英語堪能な友人は楽しそうに見ておりました.
DSCN5751.jpg

閉館時間ギリギリまで見学し,またバスでカルトレインの駅へ.こっちのバスは前に自転車を置くスペースがあります.あと,バートもライトレールでも普通に自転車と一緒に乗ってくるひとがいてびっくりする.
この辺は自由で日本よりいいなと思ったり.
DSCN5756.jpg

また,カルトレインに揺られ.サンフランシスコ市内に戻ってきました.もう夜の8時を過ぎており,さて夕食どうしようかなと考えて,結局昨日も行ったフィッシャーマンズワーフへ.
DSCN5766.jpg

ここで念願のカニパスタを私も食す.そして生ガキとワインというなんとも上品な組み合わせ.
おひとり5000円の割高な夕食になってしまいましたが,やっぱり海外だと財布の紐が緩くなってしまいますね・・・.でも,朝ハンバーガーで昼ホットドックだったので多少の贅沢は・・ね?
DSCN5780.jpg

DSCN5781.jpg

生ガキ.ちょっとあたるのが怖かったでしたが大丈夫でした.こちらも昨日と同じで辛みのある赤いソースとレモンで頂く.ワインと最高に合いました.
DSCN5775.jpg


ということで2日目終了!現地の人の暖かい親切にほっこりして,電車やバスなどの移動にも慣れ始めてきましたかね.明日はいよいよアメリカ国内の飛行機をつかってラスベガスに飛び立ちます.明日からはダブルベットじゃなくてツインベットで寝れますように・・・と祈りながら就寝したのでした.

次回その5に続きます.それでは.


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

花ピタゴラス

Author:花ピタゴラス
某高専のワンゲル部員・・だった。先日ついに卒業しました。現在大学生。でも高専のワンゲル部が気になってしょうがない・・。旅と登山が大好き。そしてお供は「いろはす・みかん」。

小林泰三先生を尊敬しています。

2011年も日本ハムファイターズを応援しています。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。