スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ西海岸大学卒業旅行その10「グランドキャニオンのトレッキング(5日目)」

グランドキャニオン2日目.この日はグランドキャニオンもう1つのトレッキングコースであるブライトエンジェルトレイルコースを歩くことに.ラスベガスの夜の話もあってかなり長めです.
ブライトエンジェルトレイルの入り口に到着.軽く準備運動をして出発です.
DSCN6388.jpg

こっちのコースも昨日歩いたコース同様雪が結構残ってます.また,同様に延々と崖下へと下っていくコース.
DSCN6391.jpg

凍結している道もあり,道幅が狭いので昨日より非常に歩きにくいコース.凍結している道はあまり景色を観る余裕がありませんでした.
DSCN6399.jpg

眼前に雄大なグランドキャニオンが.
DSCN6407.jpg

順路を示す看板.基本的に1本道なので迷いようがありませんが,コースを外れて歩くのは大変危険ということでしょうか.
DSCN6409.jpg

急坂+路面凍結は危険度MAX.この後,こんな感じの凍結した道で思いっきり転んで手と肘を負傷しました.痛かった・・・.
DSCN6412.jpg


広いところに出たらちょっと一休み.正直引き返すかと思うくらい路面状況が悪かったです.でも,ここまで来たらと意地でもすすみます(登山の際は危ない時は無理せずひきかえしましょう)
DSCN6415.jpg

また,上から観るのとは違った景色.
DSCN6421.jpg

雪のないところも日陰はぬかるんでいるところも多く,要注意.
DSCN6428.jpg

DSCN6437.jpg



DSCN6434.jpg

上から下のコースを見ると,すごいクネクネとした道を下っていくのかがわかります.
DSCN6443.jpg


途中転んだりもしましたが,なんとか目標地点の休憩所まで来ました.休憩所はちょっと通過してその少し先にあるトイレへ.
DSCN6464.jpg

DSCN6470.jpg

休憩所より立派なトイレの建物.綺麗なつくりです.
DSCN6472.jpg

中はこんな感じ.
DSCN6474.jpg


休憩所に戻って昼食をとります.本当に崖の下にちょこんとある休憩所です.
DSCN6484.jpg


着きました.
DSCN6490.jpg

ここで昼食を取っていたら思わぬ出会いがありました.

現地の5,6人グループの高校生登山部が少し後に入ってきて少し話すことができました.

アメリカ人特有なのか向こうからフランクに話しかけてくれました.

自分が登山好きなことを話すと,自分たちは合宿中でこの休憩所のもっと下から泊まりがけでここまで登ってきたんだという話をしてくれました.

向こうの学生のザックの重さが気になったので

「これ背負ってみていい?」と言ってみたら

「もちろんいいよ!こうやって背負うんだ!」

と言って前に持ったザック頭の上で1回転させて背負いました.

(うそだろ・・・ぜってぇこんな背負い方しねぇよクレイジーや・・)

と内心思いつつも「日本のワンダーフォーゲル部だ」と言った手前すぐ「できない」とは言えません.

(OK.アメリカ流の挑戦か.のってやんよ)

と挑戦した結果.

ザックを空中で1回転させ肩にはまるまでいったのですが勢い余ってそのまま尻もちをついて休憩所で転びました.

これには向こうの学生大爆笑・・・.

(くっ・・今日は転んでばかりだ(泣))

内心泣きそうでしたが「ちょっと重すぎるなーこのザックは」と英語で負け惜しみを言っておきました.

他にも,昼食のスナックを交換したり,皆で肩を組んで記念撮影したりとアメリカの登山部との夢のような交流を楽しめました.

学生のうち2人は兄弟でその兄弟の親父さんと一緒に登っているみたいだったんですが別れ際にその親父さんに

「アイゼンもストックもないのか?地面は凍結してるから慎重に歩くようにね」

と心配してもらいました(既に盛大に転んでいたのですが・・・).

いやぁ,確かにストックくらい持ってくればよかったと思いましたが,あくまで観光旅行.キャリーバックにストック入れてるのもおかしな話です.

ここで別れを惜しみつつ,休憩所を出発.結構長い時間休憩してしまいました.

帰りは行き以上に慎重に,だけど軽やかに登って行きました.

DSCN6512.jpg

DSCN6522.jpg


超慎重に登る友人.親子ずれやかなり軽装で登っている人もたくさん見られました.
DSCN6525.jpg


なんとか,無事スタート地点に戻ることが出来ました.
DSCN6539.jpg

しかし,ここから時間を忘れて休憩したりお土産屋でぶらぶら商品みたり,ぶらぶら歩きながらグランドキャニオンを見ていたらあっという間に時間が過ぎてしまいました・・・.



DSCN6571.jpg

ロッジの受付で集合予定だったんですが,集合時間を5~10分遅れそうになりかなり焦りました.バス停についたものの中々ロッジ行きのバスも来ないし・・・.
DSCN6577.jpg

結局急いでロッジに行ったものの集合時間を2分ほどオーバーしており,ロッジにツアーガイドさんがいなかった時は相当焦りました.

ただ,ガイドさんは外のバスで待っていてくれたので,なんとかバスには乗れました.

あやうくラスベガスに戻れないところでした・・・.ただ,ガイドさんは「1,2分の遅刻でグランドキャニオンをトレイルできるならその方がいい」と笑ってくれて気持ちが楽になりました.


帰りはルート66に寄らず,1回の休憩のみでラスベガスへ

本当になにもない道をひたすら走る.時折家畜の牛などが見えました.
DSCN6585.jpg

DSCN6595.jpg


そして,戻ってきました,ラスベガス.昨日は満点の星空の下にいたというのに今日はネオンの光の下です(笑)

DSCN6606.jpg

ホテルにチェックインし,MGMグランドというホテルに向かいました.
DSCN6608.jpg

ここで,友人は世界一のマジシャン,デビット・カッパーフィールドのマジックショーを見ることに.
私はマジックにあまり興味がなかったので,同じホテルで開催されているシルクドソレイユのKAに行きました.
IMG_1609.jpg


シルクドソレイユ自体に元々興味があったわけでもなかったので,友人がマジックショーやっている間どうしようと考え込んでいたんですが,カジノで時間つぶしても結局散財するような気がしたので,せっかくなので自分も何か観ることに.そこで候補に挙がったのがスト○ップショーとKAでした.

どっちもある意味ラスベガスならではなのでこの2つが候補に.(前者はもちろんのことKAも日本公演ありますが,ラスベガスは専用の舞台を使った常用公演なので設備が違う)

結構迷いましたが,やっぱり一人でスト○ップ見てもなぁ・・・と思い,シルクドソレイユに.

一番安い席でも8000円越え.流石です.こんな公演が年間を通していくつも一つの街で行われていると考えるとやっぱりラスベガスは違うなーと思ったり・・・.

KAの感想ですが・・・・正直眠かったです(笑)
シルクドソレイユのもっとーが言語を越えて楽しむエンターテイメントなので劇とは言っても英語がたくさん飛び交うわけではなく,非常にシンプルなストーリーとアクロバットを楽しむという内容.
舞台が垂直になる凄い設備で始めは驚きがあったんですがだんだん眠くなってしまい・・・.

う~ん.自分にはこういう高尚な劇は早すぎましたかね(笑)

ただ,ちょっかり,看板の前で記念撮影.マジックショーはというと友人曰く「超楽しかった」そうです.
素直にマジック行っとけばよかったかな(笑)

IMG_1610.jpg

ショ―のあとは夕食.時間も11時近くになっており,やっているお店を探すのが大変でしたが,なんとか見つけて入店.この日もステーキを頂きました.一昨日のに比べれば少しリーズブナルなものだったので味は少し落ちましたね.でも,十分おいしかったです.
IMG_1623.jpg

帰り際にベラッジオの噴水ショ―を見ました.時間は丁度12時で,その日最後のショ―でした.
迫力のある水の劇で,こちらも無料とは思えないショ―でした.

IMG_1617.jpg

部屋に戻ったのが12時30分くらいで流石にクタクタでしたが,自分は最後の思い出にとカジノへ.

友人は先に寝る準備してました(笑)

結局2000円ほど負けてしまいましたが,最後の最後までラスベガスを楽しめました.
ラスベガスでは無料ショ―にカジノに世界一の劇(眠かったけど)を観れてドキドキの夜でした.
こんな街は世界でもここしかないんじゃないでしょうか.そう思えるだけの別世界がそこにはありました.

また,グランドキャニオンでは,夕日や朝日,天体観測などを見るだけでなく,雄大な大自然のなかをトレッキングし,現地の登山家との交流もできて想像以上に楽しかったです.

明日は友人と別れて,飛行機に乗って一人サンフランシスコです.いよいよ旅の終わりが見えてきました.

ということで長かったですがその10終了です.それでは次はその11で.

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

花ピタゴラス

Author:花ピタゴラス
某高専のワンゲル部員・・だった。先日ついに卒業しました。現在大学生。でも高専のワンゲル部が気になってしょうがない・・。旅と登山が大好き。そしてお供は「いろはす・みかん」。

小林泰三先生を尊敬しています。

2011年も日本ハムファイターズを応援しています。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。