スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年を振り返る(写真中心)その3

夏以降を振り返ります.
特になんもないですが.うん.
10月:地元の友人と浅間嶺登山

タイトルの通りですが,前々から行きたかった浅間嶺に行ってきました.今回はワンゲル部ではなく地元の友人と行きました.
この友人,一年以上前から登山をしたいと言いつつ「金がない」と言ってろくに装備もそろえず結局一度しか登山しなかったのですが,ついに登山靴を購入しました.いつもワンゲル部の後輩と行くことが多いので同年代の登山仲間ができて嬉しい限りです.

そして,今回から最近購入した漫画「よつばと!」のマスコット的なキャラクターであるダンボーを旅のお供に連れていくことに.
いやぁ,楽しいなダンボーとの旅は!正直野郎を写真に写すよりは全然絵になると思います(笑)
DSCN9000.jpg

山自体は最初の登りが少しきつかった程度で,あとはなだらかな道が続いていました.
秋は気温も丁度良く尾根歩きが楽しいですね.ただ,標高も高くないのでそれほど展望が見渡せるところがなかったのが残念でした.

しかし,この浅間嶺のハイライトは山の上ではあらず,下山後に立ち寄れる払沢の滝です.なかなかの迫力でした.

DSCN9079.jpg

11月:アイソン彗星の観測
アイソン彗星知っていますか?アイソン彗星はその名の通り,有名なハレー彗星と同じく氷や塵の塊である彗星です.
この彗星は自身では発光しないものの太陽に照らされて尾を引く姿を臨むことができます.アイソン彗星はハレー彗星と異なり周期的に地球に接近しないので,一度接近したら後はまた宇宙の彼方に飛んで行ってしまいます.

このアイソン彗星が観測できるピークが11月の下旬でした.わたしは元々天体には興味がなかった(山に言っても先生から正座の話を聞いていた程度)のですが,大学の研究室の先生から「観測してみて」と言われてやむなく観測を試みることに.しかし,やってみるとこのアイソン彗星の観測,めちゃくちゃ大変でした・・・.

アイソン彗星は太陽に接近すればするほど明るく輝きより観測しやすくなります.しかし,アイソン彗星は日の出前に見えることから,接近し過ぎると地平線に近付き,逆に太陽の光にさえぎられて見えなくなってしまいます.
そのような条件の元,天候などを考慮して日取りを決めなくてはなりません.しかも,繰り返しになりますが,見えるのは夜明け前です.朝の5時とかです.そんな何度も起きられませんこの野郎.

そして,次の問題がその輝きの小ささです.太陽に接近したら月くらい明るくなるのではという前評判もあったアイソン彗星ですが,思った以上に明るくならず肉眼での観察は相当環境が良くないと難しい状況でした.

なので観測の仕方としては,スピカや火星など周りの明るい天体の場所を頼りに位置を絞り,その周辺を双眼鏡で探すというものでした.

朝の5時から荒川の河川敷で見えない彗星を探して失敗.前日から研究室に泊まって観測して失敗.

観測は失敗続きに終わり,あと数日でアイソン彗星は太陽に隠れて見えなくなってしまいます.

最後のチャンスと意を決して望んだ観測最終日.

こんな感じで研究室の望遠鏡と持参した双眼鏡で観測するもののやはり見つけることが出来ず・・・.
無題


もう,駄目だ・・・・あきらめかけたその時,後輩が一眼レフカメラで撮り続けた写真を確認するとなにやら青白い光が・・・.


これは・・・.


アイソン彗星だぁ!!!!!!
IMG_2634.jpg


赤く丸く囲ったやつがそうです.周りの星座との位置関係もばっちりで,間違いなくアイソン彗星でした.
まさか,双眼鏡で見えなかったのにカメラに写るとは・・・一眼レフすげぇぇ.

そして,遂に正確な位置をつかめたことで,双眼鏡の狙いも絞れ,双眼鏡でもアイソン彗星を確認することが出来ました.

そう,最後の最後で奇跡は起きたのでした.

しかし,この数週間後.太陽に接近したアイソン彗星が,その熱によってばらばらになってしまったいうニュースが報じられました.もし,生き延びていれば12月も観測できた可能性があったようです.

何度も裏切られながら最後に一瞬だけその姿を見せてくれた光.
その彗星が宇宙の塵になってしまったのは少し残念でした.

ただ,これ以降夜になると星を見るようになりました.

はじめはいやいや始めた天体観測でしたが,とても貴重な経験になって良かったです.



12月31日:浅草寺大晦日

はい.ということで大晦日です.今年は浅草寺にやってきました.本当凄い人です.

IMG_2735.jpg

こうやって,一年を振り返ってみますと,研究室生活で忙しいなと思いつつ2月に1回くらいはちゃんとイベントやってるなぁという印象でした.

いやぁ,本当修士って研究と講義を両立しないといけないから大変なんですよ・・・.学会なども参加しましたし.

ただ,意外と遊んでて安心しました(笑)

そして振り返ってみると,やはり高専での友人やワンゲル部の後輩,そして地元の友人などと一緒にいることが多かったです.今年は就活で,来年は社会人ですが,この人たちは一生付き合いを続けたいなと再確認した年でした.

もちろん大学の友人ともスキーや海外旅行も行けて本当いい思い出ができました.


2014年は繰り返しになりますが,就活.そして学生生活の集大成になると思います.


だからといって遊びも忘れず楽しい一年になればと思います.

それでは2014年も宜しくお願いします.

IMG_2739.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

花ピタゴラス

Author:花ピタゴラス
某高専のワンゲル部員・・だった。先日ついに卒業しました。現在大学生。でも高専のワンゲル部が気になってしょうがない・・。旅と登山が大好き。そしてお供は「いろはす・みかん」。

小林泰三先生を尊敬しています。

2011年も日本ハムファイターズを応援しています。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。